酒処 たかしみず|のれんが繋ぐ家族の夢

投稿日:

カラオケも歌える♪和食メインの酒処「たかしみず」

今回ご紹介させていただくお店は、2017年8月オープンの「酒処 たかしみず」さんです!

戸塚法務局前の建物2階、手作り看板がある階段を上っていただくと、外を行き交う通行人や騒音を気にすることのない約12席ほどのアットホームな店内。

夜オンリーのカラオケも常連さんに人気だそうで、”昼カラオケもやってほしい!”の声もあるほどなのだとか(^^)♪

もともとは、シャイな料理人のご主人と社交的で行動力抜群な奥様のご夫婦ふたりで始めた杉田の駅ビルの小さな焼き鳥屋さんが飲食店経営のスタートだったそうです!

当時のお店で使用していた想い出の”のれん”が、戸塚に移った今でも店内に飾ってあります。

戸塚を選んだ理由は”家族との時間”のため

「酒処 たかしみず」高清水 真琴さん(奥様)

杉田で焼き鳥屋さんを経営されていた当時、駅前の繁盛店として毎日忙しく、空き時間で宅配弁当業も始めた真琴さんは、二人のお子さんとの時間がまったく取れなかったといいます。

朝5時から宅配のお弁当を作り、夕方には杉田へ向かい、真夜中にお店の戸締りをし帰宅する生活。

普段は真琴さんのお母様にお子さんをお願いし、翌日学校がない週末だけは、娘さん息子さんもお店に遊びに来て、ご両親や常連さんと一緒に時間を過ごしていたそう。

子ども達とほとんど会えない毎日に、”私はなんのために働いているんだろう・・”と思い悩み、行動したこと。

それが、自宅がある”戸塚にお店を探す”ことだったといいます。

繁盛店を辞めるという決断力、今生活を変えないと家族がダメになると感じた真琴さんの判断力。 

まさに『母は強し』ですよね!

両親の姿を見て育った夢

行動力と縁も手伝い、店舗探しから1か月という早さで、もともとスナックだった今の場所にめぐり会えたのだとか!

スナック当時を彷彿とさせる照明が、なんとも落ち着くんです♪


戸塚に移ってからは、将来、飲食店として独立を目指す娘の和(しずか)さんも「酒処 たかしみず」の経営に加わり、息子の優(あつし)さんも仕事の合間に時間があればお店を手伝うなど、まさに家族一丸となって歩みを進めています。

和さんはご両親と同じ飲食業への道を志し、優さんは常連さんが歌う演歌を小学生の頃から毎週聴いていたことで、演歌が大好きになり、今ではプロ並みの歌謡力なんだそうです!!(各地で開催されるイベントに出演することも!)

「今では、一般的な家庭よりも親子一緒にいると思いますよ(^^)」(真琴さん)

お二人で写真を・・とお願いすると、お互いに恥ずかしそうな真琴さんと優さんでした♪

家族共通の趣味はボディボード

お子さんが1歳の時から家族みんなで始めたボディボードは、もう15年になるそう!!

親子の時間をなかなか持てなかった日々の中でも、夏になればお店がお休みの日曜日は静岡などの海へ家族でお出かけしていたそうです!

今では波に乗る子ども達を砂浜で眺める時間も増えたといいますが、母親にとってそれもまた幸せな時間になりそうですね♪

貸切OK!ランチタイムにはワークショップ開催も

今後のアクションとして、ランチ時に開催されるワークショップを増やしていきたいとのこと。

定期的に「たかしみず」さんでカルチャーイベントを主催されている”ナチュラルボディジュエリー”ジュエリストのkaoriさんのブログがこちら↓

https://ameblo.jp/natural-b

私がお邪魔した際も、”グラスサンドアート”のイベントが開催されていました!

参加者さん同士、とても和やかな雰囲気が伝わってきましたよ~(^^)♪


仲間内や親族の集まりなど、貸し切ってワイワイしたい時にもピッタリの「酒処 たかしみず」さん。

Facebookにて店舗情報、優さんの出演イベント情報なども発信されていますので、是非ご覧ください!

酒処 たかしみず

横浜市戸塚区戸塚町2810ー5

045ー719ー1688

https://www.facebook.com/takasimizu.makoto

 

ほのぼの商和会事務局 上野(こまちぷらす)